不動産鑑定士


不動産鑑定士試験に合格し、国土交通省に備える不動産鑑定士名簿に登録を受けた人を不動産鑑定士と呼びます。不動産鑑定士という職業は、一般的にあまり馴染みがなく、その存在を知る人は10人に1人といったところでしょうか。

 

相続税路線価評価や固定資産税評価、その基礎となる公示価格、基準地価格の評価などで、間接的に一般の人の生活に密接な関連性を持っているのは事実で、不動産鑑定士は私達の生活には重要な役割を担っています。

不動産鑑定士試験





試験制度について

不動産鑑定士試験というのは、以前第1次と第2次及び、第3次試験とありました。しかし、2006年度より試験体系の簡素化や合理化によって、1回2段階制の新試験制度(短答試験、論文試験)となりました。短答試験は不動産に関する行政法規、または不動産の鑑定評価に関する理論について出題されます。 この短答試験に合格し、論文試験に不合格となったものは、その後2年間短答試験が免除されます。


論文試験は民法や会計学、経済学、不動産鑑定理論、不動産鑑定理論の演習から出題されます。 論文試験合格後、実務修習、終了考査という一連の手順を経て不動産鑑定士となる事が出来ます。

 


 

受験資格・詳細情報
検定詳細情報 受験資格:特に制限なし
試験科目 → 短答式=不動産に関する行政法規及び、不動産の鑑定評価に関する理論

行政法規:択 → 式40問(2時間、現行の2次試験と同じ)

鑑定理論:択 → 式40問(2時間)論文式=民法、会計学、経済学及び不動産の鑑定評価に関する理論 民法、会計学及び経済学:大問2問(各2時間)鑑定理論:大問4問(4時間)、演習1問(2時間)
試験日 →  短答式=5月下旬日曜日の1日間
論文式=8月上旬土・日・月曜日の連続する3日間 

※試験会場の確保の関係等で前後する場合もあります。

試験地 → 短答式試験=札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇
論文式試験=東京、大阪、福岡
受験料 → 13,000円(電子申請は12,800円)
合格率 → 約10%

トップへ

 

 

「平成14年度不動産鑑定士試験第3次試験」合格者発表

国土交通省土地鑑定委員会、そしてまた土地や水資源局地価調査課は29日に、2002年12月8日に実施した 『平成14年度不動産鑑定士試験第3次試験』 の合格者を発表しました。同試験の受験資格は、不動産鑑定士補もしくは不動産鑑定士補となる資格を有する者で、1年以上の実務講習を受けた者が対象で、試験科目は、不動産の鑑定評価に関する実務についてです。東京都および大阪府において試験が実施されました。

合格者は、受験者727名(前年677名)に対し212名(同218名)で、合格率は29.2%(同32.2%)になります。男女別では、男性183名(同179名)、女性は29名(同39名)でした。また、同試験の合格者は、登録の後に不動産鑑定士となります。

 

pickup

TBC
http://www.tbc.co.jp/

2014/10/2 更新

トップへ